メジャーリーグに挑戦するプロ野球選手たち

メジャーリーグに挑戦するプロ野球選手たち

メジャーリーグに挑戦するプロ野球選手たち

毎年オフになるとメジャーに挑戦する選手の話題になります。

 

年々増えることは日本野球界にとって素晴らしいことですが
メジャーで一流になった野茂投手・イチロー選手・松井選手が
メジャーリーガーのままで引退するのは、少し寂しいですね。。。
その点、黒田投手は男気があってよかったと思います。

 

 

さて、メジャーリーグには日本のプロ野球とはことなる習慣があることは
最近、マスコミが報道していますので日本でも少しづつ知られてきました。

 

ですが、日本ではあまり知られていない
ミニネタを今日は紹介したいと思います。

 

 

まずは、ポスティングシステムの裏話から。

 

ポスティングシステムとは選手を譲渡金と名付けた
入札で獲得する仕組みのことです。

 

昔は入札学に上限がなかったので、松坂投手などは約60億円で入札されましたが
制度が見直され、今は上限およそ21億円になりました。

 

この入札額が日本の球団に支払われるのですが
この金額のいくらかをメジャー球団に間接的に返済することが
マナーなのを御存知でしょうか?

 

当然、直接お金を払わうわけにはいかないので
関連会社経由で球場に広告を出したりします。

 

松井選手がヤンキースに移籍したときに
読売新聞の広告がヤンキースタジアムにありましたね。

 

このように、日本の球団がマナーを守ると
移籍した選手の扱いもしっかりしてきます。

 

ですが、このマナーを守らなければ移籍した選手が迷惑するのです。

 

私は譲渡金を返済せずに全額使用した日本の球団を知っていますが
移籍した選手の待遇は最悪でした。

 

本人が実力で見返せれば問題なかったのですが
他の選手とスタートラインが同じだと
チャンスをもらえるタイミングや数がおかしかったり
練習グループで違和感を感じたりしました。

 

人種差別もまだまだあるので本当に苦労します。

 

この選手は活躍できなかったし
この球団からポスティングでメジャーに行くことは
難しくなったことは間違いありません。

 

 

続いては、メジャーでの新人は何歳でも新人!

 

日本で結果を残して30歳でメジャーリーガーになったとしても
メジャーリーグでは新人扱いされます。

 

ルーキー・ラギングデー(仮想で移動)などは、マスコミに取り上げられるので
日本でもよく知られています。

 

プレーでも新人がベテランのような態度を取ることは許されません。

 

具体例を出すと、、、

 

ある日本人選手のジャンピングスローがメジャーリーガーの反感を買い
次のダブルプレーのスライディングで骨折させられることがありました。

 

選手もマスコミも故意に骨折させたことは肯定しませんが
メジャーリーガーでの報復は当たり前なので
生意気に見えるプレーをした
当時新人だった日本人選手が悪いのです。

 

NYで活躍した日本人投手がホームランを打ったことがありました。
(マー君ではないですよ)

 

次の試合のダッグアウトでは
当たり前のように差別発言で
選手たちを鼓舞する監督がいます。

 

その試合では4番打者はデッドボールを当てられますよね。

 

これが、メジャーリーガーの実情です。

 

誰も教えてくれないので、経験者に聞くか、
代理人を通じで現役選手に話を聞く場所を
設けて貰わなければなりません。

 

 

移動の飛行機で何をやっているのか。。。

 

 

「チームの勝利のために」が口癖ですが、本当は。。。

 

 

野球のレベルは高いですが
メジャーリーグで日本の常識は通用しないので
メンタルがとても大事になってくるのです。

 

 

メジャーリーグに挑戦するプロ野球選手たち関連ページ

ダルビッシュvsエンゼルス 生観戦&自作スコアブック
ダルビッシュvsエンゼルス 生観戦&自作スコアブック
4月21日 阪神vs巨人 先制点での低レベルな解説
4月21日に行われた阪神vs巨人戦での糸原選手の暴投での巨人の先制点での解説のレベルがあまりにも低い点
星稜高校 林監督の処分について
星稜高校野球部 林監督の処分についての見解です。
甲子園決勝 習志野vs東邦
甲子園決勝 習志野vs東邦の感想