甲子園決勝 習志野vs東邦

甲子園決勝 習志野vs東邦

甲子園決勝 習志野vs東邦

平成最後の甲子園決勝「習志野vs東邦」をみた。

 

結果的に言えば、先発投手の差がそのままスコアに表れたと思う。
習志野先発の左投手には、決勝戦の先発マウンドは荷が重すぎた。。。
ハッキリ言って、県予選でも通用しないレベルだ

 

私が東邦の監督であれば
「変化球狙いを徹底し、ストレートはすべてファールにしろ」
と、指示を送るだろう
それほどストレートの球威キレどちらのレベルも低かった

 

それに加え、習志野キャッチャーのリードもいただけない
変化球中心なリードは仕方ないが
全くインコースを使わないので打者にとって怖さがない
このような配給しかできないようであれば
今日の結果はは火を見るより明らかである。
東邦打線は的が絞りやすかっただろう。

 

東邦の石川投手には「アッパレ!(張さん風)」を送りたい。
2本のホームランと完封!
0点に押さえれば負けはしない。野球の鉄則である。

 

さて、試合に戻.り一言言っておきたいポイントがある。

 

東邦石川選手の2本目のホームランだが
ツーアウトランナー二塁・・・
歩かせてもいいケースで無理やり勝負
監督の責任だろう
また、1本目と同じ、変化球をおっつけてのホームランだった
一番投げてはならい球種とコースに投げている
野球は頭のスポーツだと再認識した

 

8回裏東邦のダメ押しの場面
ワンアウトランナー3塁で、習志野の飯塚投手はスライダーを選択
スライダーは抜けると簡単に外野フライが打てる球種である
案の定、高めに浮き簡単に外野フライを打たれダメ押し点を奪われてしまった

 

この場面は、9回習志野の攻撃への流れを作る必要がある
この回に得点を取られることは負けに等しいので
1点取られようが2点取られようが同じという考えのもと
点を取られないリードをしなければならない

 

ここで考えなければならないの
1・2塁と空いていたので4人の打者で2つのアウトを奪うことである
しかし、監督を含め習志野バッテリーはそこまでの考えはなかったように思う

 

習志野はサイン盗みの疑惑をかけられる行動など
(キャッチャーはサイン盗みをしてら絶対にわかるので
キャチャーが指摘したということは・・・ですね)
間違った野球を教えていたのでは無いかと推測する

 

アメリカのようなダイナミックな野球を展開するか
日本人が得意とする頭を使った野球をするか
高校野球も過渡期に来ているのでは無いかと思う

 

甲子園でも全力プレー以外の魅力が全く感じられなくなっている。。。

 

それでも、8回の習志野飯塚投手と東邦石川選手の対戦は面白かった
力で勝負することをお互いが確認しあい力勝負

 

石川選手の二塁打となり数字的には石川選手が勝利したが
力勝負は飯塚投手に軍配があがったように思う

甲子園決勝 習志野vs東邦関連ページ

4月21日 阪神vs巨人 先制点での低レベルな解説
4月21日に行われた阪神vs巨人戦での糸原選手の暴投での巨人の先制点での解説のレベルがあまりにも低い点
星稜高校 林監督の処分について
星稜高校野球部 林監督の処分についての見解です。