ティーバッティングの練習方法【バッティング上達】

ティーバッティングの練習方法 【バッティング上達】

ティーバッティングの練習方法 【バッティング上達】

ティーバッティング,練習方法,バッティング,

 

ティーバッティングの練習方法はたくさんあります。
通常のティーバッティングでは斜め前から投げられたボールを、
正面のネットに向かって打ちます。

 

たまに正面のネットに打つと「引っ張っている」などという人もいますが、
その人の言うことは無視してもらって大丈夫です!
本当にそうならプロの選手が全員逆方向から投げてもらっていますよね。

 

ティーバッティングで引っ張っているかどうかは体の向きに対して

「インパクトがどこか?」「打球がどこに飛んだか?」で決まるります。
ネットにスクエアに構え、正面にボールが飛んでいるならまったく問題ありません。

 

スタンスの向きを変えたり、インパクトの位置を変えることによって
ティーバッティングで引っ張ったり流したりできるようになるのです。

 

元日本ハムファイターズの新庄選手はボールの一番下を打ち

正面のネットをはるかに越えるような打球を打っていました。
これは極端な例ですが、ティーバッティングは考え方一つで
何でもできる優れた練習方法なのです。

 

それではティーバッティングの練習方法と効果についてみていきましょう!

ティーバッティングの練習方法

  • バッティングティーを使う
  • 【方法】 バッティングティーを使い高さやコースを調整する
    【注意】 ボールの飛んで行く方向を意識すること
    【効果】 各コースの打ち方のイメージがつかめる

 

  • 真横から投げてもらう
  • 【方法】 体の真横からボールを投げてもらう
    【注意】 体の軸と回転を意識すること
    【効果】 軸を中心に回転するので突っ込む人や体重移動が苦手な人に効果的

 

  • 後ろから投げてもらう
  • 【方法】 後ろからボールを投げてもらう
    【注意】 打球はネット正面に正しく打ち返し、バットの軌道を意識する
    【効果】 ボールを引き付けないと打てないので変化球への対応力がアップ

 

  • 斜めから投げてもらう
  • 【方法】 通常のトスとはネットをはさんで逆方向から投げてもらう
    【注意】 打球が投げてと逆方向に飛ぶように意識する ※後ろのひじを出す感じで打つ
    【効果】 ドアースイングの矯正、脇が甘い人には効果的

 

  • ワンバウンドティーバッティング
  • 【方法】 バウンドするボールを投げてもらう
    【注意】 ボール球を打たないようにする
    【効果】 選球眼の悪い人、変化球の苦手な人に効果的

 

  • 片手ティー
  • 【方法】 片手でバットを握りスイングする
    【注意】 あまり重いバットで振らない(スイングがおかしくなる)
    【効果】 両腕(上半身)の使い方を確認するのに効果的
      ※前手:体の使い方が悪いとスイングできない  後手:脇のシマりが悪いとスイングできない

 

  • 逆グリップティー
  • 【方法】 通常のグリップと反対で握りスイングする
    【注意】 ダウンスイング(大根切り)になりやすいので注意が必要
    【効果】 グリップの返し方、脇をシメる練習法として効果的

 

  • 早打ち
  • 【方法】 速く連続でボールを投げてもらう
    【注意】 トップの位置(テイクバック)まで必ずバットを戻すこと
    【効果】 ドアースイング矯正とスイングスピードアップ

 

  • ロングティー
  • 【方法】 グラウンド全体を使い遠くへ飛ばすことを心がけるティーバッティング
    【注意】 飛ばそうとしすぎて体重移動とドアースイングにならないこと
    【効果】 下半身の使い方を認識させる。 スイング力のアップ
    ※ロングティーが終わった後に下半身が疲れていれば良いスイングといえます。

 

  • 大股ティー
  • 【方法】 できるだけ足を開き、ボールは地面スレスレに投げてもらう
    【注意】 軸足から前足へとしっかり体重移動をする
    【効果】 体重移動を意識でき、下半身強化につながる

 

  • 歩行ティー
  • 【方法】 3歩あるいてティーバッティングをする ※右打者の場合:右足→左足→右足→スイング
    【注意】 スイング前の軸足にしっかり体重を乗せ”タメ”を作る
    【効果】 体重移動をスムーズにさせる。突っ込む人に効果的

 

  • 片足ティー
  • 【方法】 片足でティーバッティングをする
    【注意】 フラフラしないようにスイングする
    【効果】 バランスが良くなるので体の軸がぶれる人に効果的

 

  • 両面打ち
  • 【方法】 両側にネットを張り、左打ち右打ち交互に連続してティーバッティングをする
    【注意】 右を打ったらすぐに左を打つこと、できる限り速く打つようにする
    【効果】 体重移動、両手ひじの使い方、スイング力アップにつながる
    ※バッティングフォームが悪い人は、両面打ちはできないと思います。

ティーバッティングは現在の自分の実力を考え
どの練習方法が適しているかを見極め、自分にあった練習方法を取り入れてください。

 

映像がないとなかなかイメージしにくいとは思いますが
自分のバッティングフォームとプロ野球選手のバッティングフォームを見比べると
より欠点がわかりやすくなると思います

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

ティーバッティング,練習方法,バッティング,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください