素振り(スイング)の練習方法【バッティング上達】

素振り(スイング)の練習方法 【バッティング上達】

素振り(スイング)の練習方法 【バッティング上達】

素振りは野球をしている人にとって基本の練習になりますし
最も大事な練習方法です。

 

プロ野球選手になっても、メジャーリガーになっても素振りをしなくなることはありません。
毎日することでフォームも固まり、自分の思うようなスイングができるようになります

 

基本となりバッティングを上達させるために最も重要な素振りの
正しい練習方法を見ていきましょう

素振りの目的

 

素振り,スイング,バッティング,練習方法,

 

フォームを固める素振り

とにかくフォームを固めることが目的です。
何回も振り込み体に覚えさせることが必要です。

 

このサイトの【バッティング上達のスイング】で解説したことを思いだし
基本に忠実に素振りをしてください。

 

自分の欠点がわかればそれを修正する素振りの方法もあります。
このページの下に素振り練習方法をまとめてますので参考にしてください。

 

実践向けの素振り

フォーム固めの素振りでフォームを固め、欠点を修正できた人は
実践向けの素振りをすることで、試合で通用するスイングを身につけます。

 

フォームが固まっていない人が実践向けの素振りをすると悪いクセがつき
素振りをするたびに悪いスイングなるので注意してください。

 

実践向けの素振りはの目的は試合で通用するスイングにすることです。
ですので、より試合に近い状況を想定して素振りをします。

 

投手が投げるのをイメージして素振りする

  投手のフォーム、左右、セットポジション、クイックモーションなど
  自分が想像できる投手を想定して素振りをするようにします。
  試合前日には対戦相手をイメージして素振りすることが試合への準備となります。

 

ストライクゾーンを9分割にして各ポイントごとに素振りする

  ストライクゾーンを縦横に9個のマスに区切り(ストラックアウトの的)
  各マスごとに素振りをし、自分のスイングをチェックします。
  苦手なコースを反復して振ることにより体にスイングの形をしみこませます。

 

打球を意識して素振りする

  試合では状況によって求められるバッティングが変わってきます。
  右方向へ打つのか?犠牲フライでいいのか?ゴロを転がすのか?
  ヒットがほしいのか?ホームランを狙っていいのか?など
  常に試合を想定して素振りをすることも重要になってきます。

 

素振りは意識して振るかどうかで、
バッティングの上達度はかなり違ってきます

 

何も考えず惰性で素振りを繰り返しても何の役にもたちませんので
目的を持って素振りをするようにしてください。

 

私は小学校高学年から、ほぼ毎日素振りをしていました。

最初は父親にやらされていただけだったのでイヤでしたが
続けてくると習慣になり「今日はこうしよう!」などと
自分で考えて素振りをするようになしました。

 

始めは辛くても続けていけば感じるものが出てくるので
まずは3日、そして1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月と
目標を変えていくと続けることができます

 

素振りの練習法

  • はや素振り(30秒スイング)
  • 【方法】 時間を決めできるだけ多くの回数バットを振る
    【注意】 トップの位置(テイクバック)まで必ずバットを戻すこと
    【効果】 ドアースイング矯正とスイングスピードアップ

     

  • 歩行スイング
  • 【方法】 歩きながらバットを振る ※右打者の場合:右足→左足→右足→スイング
    【注意】 スイング前の軸足にしっかり体重を乗せ”タメ”を作る
    【効果】 体重移動をスムーズにさせる。突っ込み人に効果的

     

  • 逆グリップ
  • 【方法】 通常のグリップと反対で握りスイングする
    【注意】 ダウンスイング(大根切り)になりやすいので注意が必要
    【効果】 グリップの返し方、脇をシメる練習法として効果的

     

  • 片手スイング
  • 【方法】 片手でバットを握りスイングする
    【注意】 あまり重いバットで振らない(スイングがおかしくなる)
    【効果】 両腕(上半身)の使い方を確認するのに効果的
      ※前手:体の使い方が悪いとスイングできない  後手:脇のシマりが悪いとスイングできない

     

  • 大股スイング
  • 【方法】 できるだけ足を開き素振りをする
    【注意】 軸足から前足へとしっかり体重移動をする
    【効果】 体重移動を意識でき、下半身強化につながる

     

  • 片足スイング
  • 【方法】 片足で素振りをする
    【注意】 フラフラしないようにスイングする
    【効果】 バランスが良くなるので体の軸がぶれる人に効果的

     

  • 竹ざお素振り
  • 【方法】 竹ざお(長いバットなど)で素振りする
    【注意】 重いので体重が前足にかかりやすい
    【効果】 下半身から始動しないと振れないので上半身の強い人に効果的

 

素振りは繰り返すことではじめて効果があらわれます。
いろんな練習方法がありますが、現在の自分にあった練習方法を見つけ
毎日繰り返し反復練習してください。

 

さらにバッティングを上達させたいのなら、今までよりバッティングの知識が必要になります。
本で学んだり知識が豊富な人から学ぶといいでしょう!

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

素振り,スイング,バッティング,練習方法,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください