ステップ(体重移動)【バッティング上達】

ステップ(体重移動)

バッティング上達の基本D 【ステップ(体重移動)】

ステップ(体重移動)が上手にできないという人は多くいるのではないでしょうか?
その中のほとんどの人が、迎えにいく(突っ込む)人だと思います。

 

ステップ(体重移動)がスムーズにできない人は
バッターボックス内の意識に問題があります。

 

まずは、ステップ(体重移動)の基本的なことからおさらいします。

 

ステップの基本はスクエアに踏み出し、目線の位置を上下させないようにします。
クロス気味にステップする方が強く振ることができます。
反対にオープン気味にすると球筋が見やすいのでバットに当てやすくなります。

 

ステップ(体重移動)をする際に意識することは重心のかかっている場所です。
意識して軸足の親指のつけ根に重心を置くようにして下さい。

 

ステップ時に足の裏全体や
かかとに重心がくることはありません。

 

体重の割合としては軸足に60%〜70%残っているぐらいが望ましいです。
軸足に残っている体重をインパクトの瞬間に
一気にステップした足に乗せることで飛距離アップにつながります。

 

軸足の体重が残っていると”タメ”が作れるようになり
ミート率アップと飛距離アップにつながります

 

なぜ、アナタは迎えにいく(突っ込む)のか?

まず、軸足に体重を残すという意識が少ないからです。
私はステップ(体重移動)の時には、軸足に体重を残すことばかり考えていました。
私の場合は軸足側の股関節に意識を持っていくことで
スムーズにステップ(体重移動)ができ、軸足に体重を残すことができました。

 

もう一つの理由に、「打ちたい意識が先行する」ことが挙げらます。
ボールは必ずベース板を通るので「打ちたい意識」を抑え
きたボールを打つように心がけてください。
その方がボール球も振らなくなり、打球も飛ぶようになります。

ステップ,体重移動,バッティング,

ステップ(体重移動)が上手にできない人は

歩行ティーバッティングや歩行スイングがお勧めです。

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

ステップ,体重移動,バッティング,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください