タイミング【バッティング上達】】

タイミングの取り方

バッティング上達の基本B 【タイミングの取り方】

バッティングにおけるタイミングの取り方の基本は

ステップする方の足でタイミングを取ることです。

投手のモーションに合わせて足を上げ
投手がボールを離した瞬間に打つ準備(トップ)ができていれば大丈夫です。

タイミング,バッティング,タイミング取り方,

 

タイミングの取り方にもいくつかの方法があります。
最終的には自分にあっているタイミングの取り方を
自分で見つけるしかありません。

 

それでは、様々なタイミングの取り方を紹介したいと思います。

バッティングでのタイミングの取り方

すり足

タイミングの取り方の基本が、すり足でタイミングを取る方法です。
体重移動、目線のブレが少ないのでボールを捉える確率が上がります

 

注意点はタイミングを取る時(テイクバック)に、軸足側へ体を動かさないことことです。
できるだけ動かす幅を少なくしたほうがタイミングが合わせやすくなります。

 

どうしても体が動いてしてしまう人は、構えのときからテイクバックした状態で構える
踏み出すだけなので、キャッチャー側への体の動きをなくすことができます。

 

一本足

ステップする方の足を上げるタイミングの取り方です。

 

どのくらい上げるかは人によって違いますが
足を高く上げるほどタイミングが取りづらくなります。

 

タイミング,バッティング,タイミング取り方,

まずは、高く足を上げ体重が軸足に乗る感覚を身につけます。
軸足に乗る感覚をつかめてから、足の高さを変えていくと良いでしょう!

 

ステップなしでタイミングを取る

ステップ側のかかとを浮かせるだけでタイミングを取ったり
手でタイミング(ヒッチするともいいます)を取ったりする方法です。

 

タイミング,バッティング,タイミング取り方,

MLBのホームラン記録を持っているバリー・ボンズ選手

メジャー最強打者のプホルス選手などがそうです。
無駄な動きがなく、軸がまったくぶれないので
理想的なタイミングの取り方です。
大谷選手もメジャーに行ってからこの方法に変えましたね!

 

ただ、強靭な肉体を持っている彼らだからこそできるのでしょう。
少し筋力が強いぐらいの人がマネをすると
まったくボールが飛ばなくなってしまうので注意が必要です。

 

タイミング,バッティング,タイミング取り方,

日本のプロ野球選手に手で(ヒッチして)タイミングを取る選手がいますが

彼らはメジャー選手と違って下半身の体重移動もしています。
この方法は下半身と上半身がバラバラになりやすいので
相当量の練習が必要となってきます。

 

ヒッチが悪いわけではなく、ヒッチすることによってタイミングが取りやすいのなら
ヒッチすることは問題ありません。

 

指導者によっては「ヒッチはダメ」と教える指導者がいますが
完全に間違っていますので、その指導者に指導を仰がない方がいいと思います。

 

 

タイミング,バッティング,タイミング取り方,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください