緊張する【バッティング上達】

緊張する【バッティングで打てない理由】

緊張する 【バッティング上達】

練習では打てるのに、バッターボックスに入るとどうしても緊張してしまう人がいます。
「打てなかったらどうしよう」などと結果を気にしすぎているからです。

 

バッターボックスでの緊張しないために実際にしたこと

ネクストサークルで良いイメージする

ネクストサークルで良いイメージをします。ヒットを打つなどの抽象的なイメージでもいいのですが
それ以上に効果がある方法が具体的くイメージすることです。

 

「アウトコースのストレートをセンター前に打つ」など具体的なイメージを持つと
そのことに集中するので緊張することを忘れてしまいます。

 

ハッキリとイメージできると思った通りの結果になることが良くあります

 

追い込まれた時などは打席をはずし

「甘い変化球以外はファールにする」などとイメージすると三振は少なくなります。

バッターボックスで深呼吸

構える前に大きく深呼吸します
できるだけ大きく肩を上下に動かしながら深呼吸すると、体の力が抜けリラックスできます。

 

決め事を作る

これは調子が悪いときなどにも使える方法です。

 

「インコースの球しか打たない」「バットを最短距離で出す」「グリップで打つ感じ」など
狙う方向・狙い球・スイングのポイント・自分の修正点(「開かない」など)だけを考えてバッターボックスに入ります。
強く思うことが重要です。曖昧だとバッターボックスで忘れてしまうので効果がありません。

 

PL学園みたいに「御守り」などをさわるのも良いと思います。

決まった一連の行動を起こすことによって、
心理はそちらに向きますので緊張をほぐすことができます。

 

 

緊張,バッティング,野球,リラックス

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください