迎えにいく(突っ込む)【バッティング上達】

迎えにいく(突っ込む)【バッティングで打てない理由】

迎えにいく(突っ込む) 【バッティング上達】

迎えにいく(突っ込む)とはインパクトの瞬間に
体重が前足に乗っている状態のことをいいます。

 

 

なぜ、迎えにいく(突っ込む)スイングになるのでしょうか?
いくつかの原因があります。

バッティングで迎えにいく(突っ込む)主な原因

回転の軸がない

バッティングは体を回転させるわけですが、
体のどの部分を軸にして回転しているかわかっていない人
迎えにいき(突っ込み)ます。

 

軸足の親指の付け根を中心に回転「回し過ぎず・回らな過ぎず」
意識してスイングすると軸がしっかりし、迎えにいか(突っ込ま)なくなります

 

詰まりたくない意識が強い

「バッターは全員詰まりたくありません。」
その思いが強いと突っ込んだ(迎えにいった)スイングになります。

 

バッティングで始動を早くするのは良いことですが、
それはトップの位置を作るまでの話です。

 

トップの位置からスイングを始めるのは遅いほうが

どんなボールにも対応することができます。


詰まるのを怖がらず、できる限りボールを引き付けてください。

 

ボールを飛ばそうとしすぎている

体重移動でボールを飛ばそうとしている人です。
確かに体重を前足に乗せたほうが飛距離は出ますがミート率は確実に下がります。

 

体の回転スピードを上げることで飛距離はアップするので
体重移動で飛ばそうとするのはヤメてください。
野球のレベルが上がるにつれて打てなくなります。
イチロー選手がメジャーで振り子打法をヤメたのをみればお分かりだと思います。

 

迎えにいく(突っ込む)のを改善させる練習方法

歩行スイングで体重移動を確認した入り
片足で素振りをすると軸を感じやすいのでいいでしょう。

 

お勧めはティーバッティングで矯正することです。
真横から投げてもらったり後ろから投げてもらうと効果があります。
詳しい練習方法はティーバッティングの練習方法をご覧ください。

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

迎えにいく,バッティング,野球,突っ込む

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください