タイミングが合わない【バッティング上達】

タイミングが合わない【バッティングで打てない理由】

タイミングが合わない 【バッティング上達】

 

バッターはタイミングを合わせられるかは、将来野球を続けていく上では大きなポイントになります。
タイミングが合えば自分のスイングで振ることができ、打てる確率も上がってきます。
逆にピッチャーはタイミングをはずそうとして投げてくるのです。

 

基本的なことは「タイミングの取り方」で紹介してますのでそちらをご覧ください。

 

今回はタイミングを合わせるための考え方を紹介します。

 

タイミングを合わせるための考え方

バッター主動にする

ピッチャーのフォームに合わせるのではなく、早く始動しバッター主動で待ちます。
トップを作るのが早くなるので初心者にはお勧めの方法です。
早く始動するためにピッチャーが投げるまでの時間が長いので
力が入り過ぎないように注意する必要があります。

 

タメを意識する

「1・2・の〜・3」で打てとはよく言われていると思います。
タイミングの合わない人は「の〜」の部分を長くすることでタメができるので
「の〜」を意識するといいでしょう!

 

配球を読む

ほとんどの人は変化球でタイミングを崩されることが多いと思います。
配球を読むことができればその問題も解消されますがなかなか難しいと思います。

 

配球は、前打者次打者前の打席イニング点差ケース投手の調子など
そのときに考えられるあらゆる状況を考えてサインが出ます。
さらに、キャッチャーによっても配球は変わってきます。

配球を読めるようになるには、
どれだけ多くの試合を見てどれだけ勉強したかによって決まります。
プロ野球の試合を見るのも配球を意識して見るのと見ないのでは
頭に入ってくる情報量は全然違うので、野球が上手くなるための見方をしましょう!

 

また、プロ野球選手を目指すなら絶対に野村ノートは読んでください!
野球選手として最低限頭に入れておかなければならない知識が詰まっています。

 

ちなみに私は試合後でも、

その日の打席に投げられた球は100%覚えていました。
なぜか?配球とは一球一球に意味があるので
一球ずつではなく、線にして覚えていたからです。

 

野村監督の言葉「キャッチャーは日本シリーズが一番育つ」は有名ですし
日本シリーズを経験しないと一人前とは言えないとも言っています。

 

日本シリーズでは無駄な配球が1球もできないので、
キャッチャーにとっては頭を鍛える最高の舞台だと言うことですね。

 

タイミング,バッティング,野球,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください