ドアスイング【バッティング上達】

ドアスイング【バッティングで打てない理由】

ドアスイング 【バッティング上達】

ドアスイングとはバットが遠回りするスイングのことです。

 

一般的にも言われている通り、一番の理由は打ち出しのときにヘッドが下がるからです。
本来ならバットスイングするときのグリップ(手首)の角度はトップの位置と同じ角度ですが
ドアスイングになる人は、グリップ(手首)の角度が地面に対して平行方向に折れる傾向にあります。

 

引き手が伸びた状態でスイングをしている人もドアスイングになります。
上体の使い方(特に腕)がわかっていないためにこのようなスイングになります。

 

この種のドアスイングをする人の中には

スイング自体はしっかりしている人もおり
遠心力がつき飛距離もでるので、
このままで良いと勘違いする人もいます。
少年時代には打てても、
レベルが上がるにつれて打てなくなるので
変えたほうがいいでしょう。

 

 

ドアスイングの原因

バットが合っていない

バットが重すぎたり、バットの重心が先にありすぎて
バットが振り切れていない人はドアスイングになります。

 

また、バットを振る力そのものがない人もドアスイングになります。
自分に合ったバットを選び、バットを振る力をつけましょう!

 

 

腕の使い方が悪い

何も考えずに振るとほとんどの人がドアスイングになります。

 

まったくの素人や野球を始めたばっかりの人はスイングがドアスイングなので
ドアスイング自体がよくわからない人は野球をしていない友人にスイングしてもらってください。

 

ドアスイングを矯正するには腕の使い方を覚える必要があります。
簡単に治すことのできる練習方法は
壁から1メートルぐらいの場所に正面に立ちスイングします。
バットが壁に当たらないようにスイングするには、腕をたたんでスイングするしかないので
簡単に矯正することができます。

 

それでも修正できなければインサイダーバットで練習すればドアースイングは直ります。

 

素振りをすることも大事ですが、さらに有効なのがティーバッティングです。
インサイダーバットでティーバッティングすると腕、ひじ、グリップなどの上半身の動き方をマスターできるので、練習方法を繰り返すことで確実にドアスイングを直すことができます。

 

ただ、インサイダーバットは高いので、まずはお金のかからない方法で練習し
どうしても修正できない場合のみインサイダーバットで練習すればいいと思います。

 

 

 

ドアスイング,バッティング,野球,矯正

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください