体の開きが早い【バッティング上達】

体の開きが早い【バッティングで打てない理由】

体の開きが早い 【バッティングで打てない理由】

 

体の開きが早い,バッティング,野球,

 

プロ野球選手でもその日の状態で開きが早いときがあるぐらいなので
野球をやっている人であれば誰でも言われたことがあると思います。

 

バッティングの開きは、意識の問題なので自分で修正できるようになります。

 

もちろん日々の練習は必要になってきますが、
練習し、知識をつければ、必ず修正できるのであとは練習&野球の勉強をするのみです。

※開きが早くなるポイントをまとめましたので参考にしてください。

 

バッティングで体が開くポイント&修正方法

つま先が外を向く

ステップした足のつま先に注意してください。
つま先がピッチャーの方向を向いていたり、小指側に体重がかかると開く原因となります。

 

修正方法 : ステップした足の親指の付け根で壁を作ってください。

 

ひざが割れる

つま先には問題がなくてもステップした側のひざが割れる場合があります。

体の開きが早い,バッティング,野球,

重心がひざの外側にかかってしまい壁が作れていない状態です。

 

修正方法:ひざの内側を意識し、開かない(前・外に移動しない)ようにします。

 

腰が逃げる

腰が引けるとも言いますが体の重心が外側にかかってしまい
当てるだけのバッティングになってしまいます。

 

修正方法:ボールを怖がっている可能性があるので、クロスステップ気味にして、ボールに向かっていくことを心がけるといいでしょう。

 

気持ちの問題

プロ野球選手なども陥りやすいことですが、
「ホームランを打ちたい」「ボールを前でさばきたい」などと強く思うと
どうしても体が開いてしまいます。

 

修正方法:そう思うときほど、開かないように強く意識する必要があります。

 

体の開きが早くなると、強い打球を打つことができません。
さらに変化球にも対応できないので三振も増えてきます。

 

体の開きは、意識することが一番重要になってきます。

 

野球を続けていけば、その日その日の状態によって一生付き合っていく問題なので
色んな野球知識を吸収して自分なりのチェックポイントを見つけること
体の開きをなくし、さらにバッティングが上達させる絶対条件といえます。

 

 

体の開きが早い,バッティング,野球,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください