ゴロの打ち方 【バッティング上達】

ゴロの打ち方 【バッティング上達】

ゴロの打ち方 【バッティング上達】

 

ゴロの打ち方,野球,バッティング,練習,ゴロの打ち方,野球,バッティング,練習,

ランナー1・2塁エンドランのサインが出たときなどは

ランナーを進めるためにゴロを打つ必要がありますので
一応、ゴロの打ち方を紹介しますがあまりお勧めできません。

 

低めのボール狙う

高めのボールはどうしてもバットがボールの下に入りやすいので
フライになる確率が上がります。

 

低いボールは逆にボールの上を叩きやすいのでゴロになりやすいのです。
エンドランなどで高めのボールを転がさなくてはならないケースでは
引っ張ることを意識するといいでしょう。(理由は下で説明します)

 

手首を返す

通常インパクトしてから手首は返すのですが、少し早めに手首を返すことを意識します。

 

手首を返す時は必ずバットが立つので、
手首を返すときにインパクトするとゴロになる確率が上がってきます。

 

インパクトの前に返すのではなく、
インパクトの瞬間に手首を返し始めている感覚です。
あまりにも早く返すと逆にヘッドが下がってしまい、
ボールの下を打つのでフライになりやすいです。

 

ゴロを打つ時にダウンスイングをするという考えは間違いです。!
ダウンスイングでは点でボールを捉えるので、ゴロを打つことも難しいのです。

 

 

ゴロの打ち方,野球,バッティング,練習,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください