フライの打ち方 【バッティング上達】

フライの打ち方 【バッティング上達】

フライの打ち方 【バッティング上達】

野球では犠牲フライでも良い場面があります。
そんなケースで外野フライが打てる確率を上げるためにはどのようにすればいいのか
技術面考え方に分けてご説明したいと思います。

フライの打ち方 【技術面】

スイング自体を変える必要はありません。
アッパースイングにすると、そもそもミートする確率も下がります。
打ったとしてもファールになりやすいので

フライの打ち方,野球,バッティング,練習,

スイングを変えるという考えはやめてください。

では、どうするかというと

  • 押し手で押し込む(右打者なら右手)
  • フライを打つには押し手で押し込むことに尽きます。
    イメージとしてはインパクトの瞬間に押し手を
    ボクシングのアッパーのように上に押し込みます。
    逆にグリップを返してしまうとゴロになります。

フライの打ち方 【考え方】

  • 逆方向へのフライを意識する
  • 逆方向への外野フライを意識することで、
    グリップが返るのを防ぎ外野フライが打ちやすくなります。

     

    右バッターなら右中間を狙うといいでしょう!

     

  • ベルトより高い球を狙う
  • 当たり前のことですが、狙い球をフライが打てるボールに絞ることです。
    低めはどうしてもゴロのなりやすいのでベルトより上のボールだけを打つようにします。
    打席に入ると忘れやすいのでしつこく言い聞かせることが大事になってきます。

     

    特に抜けた変化球は簡単に外野フライが打てるので

    多少のボールでも打ちにいったほうがいいと思います。

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

フライの打ち方,野球,バッティング,練習,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください