飛距離アップ 【バッティング上達】

飛距離アップ 【バッティング上達】

飛距離アップ 【バッティング上達】

飛距離アップ,バッティング,野球,

 

バッティングの飛距離をアップさせるためには
スイングスピードを速くする必要があります。
そのために必要なことは良いバッティングフォームで振ることです。
バッティングフォームに関してはバッティング上達の基本で説明していますのでそちらをご覧ください。

 

今回はバッティングフォームの基本はできていることを前提に
バッティイングの飛距離をアップさせる方法を説明していきます。

 

飛距離アップさせるにはインパクトだけに集中する

バッティングの飛距離をアップさせるためのコツは
インパクトのときにバットに最大限の力が伝わるように心がけます。

 

リラックスして構えて、その状態からスイングします。
スイングをし始めても力を入れず(バットをムチのようにしならせる感じ)で
インパクトと同時に全身のパワーをバットに伝えます。
インパクトだけに集中することで、インパクトの瞬間のスイングスピードがアップし
結果として飛距離がアップすることになります。

 

イメージがわきにくい人は、バットを軽く握った状態から

インパクトの瞬間にバットを思いっきり握る感じで振るといいでしょう。


飛距離アップ,バッティング,野球,

 

飛距離アップのコツ グリップの返し方

バッティングの飛距離をアップさせるにはグリップの返し方も重要です。
飛距離の出ない打ち方をしている人は、グリップを早く返し過ぎている傾向にあります。

 

グリップを返すのはボールがバットに当たったあとです。
引き手で返すのではなく、押し手で押しながら返してください。
押してでバットにボールを乗せる感覚で打てると、飛距離もアップします。

 

飛距離アップ,バッティング,野球,

 

フォロースイングを大きくすれば飛距離アップ!

飛距離をアップするにはフォロースイングに意識を置くといいでしょう。
フォロースイングを意識することで、インパクト前に力が入ることを防ぎます。

 

フォロースイングを大きく取れれば
バットにボールが乗っている時間が長いことを意味しているので
ボールに力を伝えられています。

 

フォロースイングを大きくすることは、あくまでも意識の問題で
※フォロースイングを大きくするだけで、飛距離がアップするわけではありません。

 

飛距離アップの極意 ボールの芯の9ミリ下を打つ

超上級者向けになりますが、
理論上ボールの芯の9ミリ下を打つと最も打球が飛びます。

 

これは私も挑戦しましたがイメージすらつかめませんでした・・・

 

高校生以上の人が、この練習してもおそらくできないと思います。
できればかなり凄いです!プロ野球選手になれるでしょう!

 

ただし、高校生以上の人でも
バッティングにおいて一番飛距離が出るポイントですから
意識して打つことはいいことだと思います。

 

少年時代からこのことをイメージして練習していれば
体で覚えるこができるかもしれないので、理論を多く教えることは大賛成です。

 

小学生の頃からたくさんの野球理論を教えてあげることは
野球選手としての選択肢を広げることができるのとても重要なことです。

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

飛距離アップ,バッティング,野球,

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください