バットの握り方【バッティング上達】

バットの握り方

バッティング上達の基本@ 【バットの握り方】 

バット,握り方,バットの握り方,グリップ

 

バットの握り方 ステップ1

まずは引き手(右打者なら左手)から握ります。
バットを握る位置は小指・薬指・中指で包み込むように握り
手のひらで握る感覚ではなく、指先で握るように意識してください。

 

バットの重さを指先で感じられるようであればOKです!

 

親指と中指は柔らかくして、残り3本でしっかり握るように心がけます。

 

バットの握り方 ステップ2

次は押し手(右打者なら右手)ですが、
バットの握り方としての押し手の握りは
引き手より手のひらでしっかり握るようにします。
手のひらの中心で握るのではなく、指の付け根(感情線より上)の辺りです。

 

ただし、バットを握る上での押し手のベストポジションは

バットを振ったときに一番力強く押し込める場所
一番良い位置なので多少微調整する必要があります。

 

実際にバットを握ってみて、
バットとボールが当たるぐらいの位置までスイングし
その位置で誰かにバットの芯あたりを押さえてもらい
一番力の入る場所を探してください。
バット,握り方,バットの握り方,グリップ
押し手の握る位置によって、
バットにボール当たってからの押し込む力が変わってきますので、
握り方によっては飛距離にかなりの差がつきますので
しっかりと自分に合った握り方を確認してください。

 

バットの握り方 ステップ3

バットの握り方(握る位置)ですが、基本的にはグリップエンドに当たっている方が良いです。
特に小学生などの握力が弱いうちはグリップエンドに小指を当てて
外に逃げる力をできるだけ少なくするほうがスイングスピードがアップします。

 

バットを購入するときには、一番長く持って振れる
長さと重さのバットを選ぶようにしましょう!

 

プロの選手ではテーピングをグリップエンドに巻きつけて
握りやすくする選手もいますし、グリップエンドを滑らかに削って
握りやすくしている選手もいます。

バット,握り方,バットの握り方,グリップ

金属バットでは形を変えることはできないので
テーピングを巻くなどして工夫をしてみてください。
やったことの無い人なら、見違えるほど
バットが握りやすくなっていると思います。

 

指導者の中には「短く持って打て!」と口うるさく言う人もいますが
テーピングを巻いて短く持つのもバットを短くする一つの方法です。

 

バットの握り方 ステップ4

バットの握り方とは直接関係ありませんが

「バッティングは右手と左手どちらが大事ですか?」

と質問する人がいます。
誰かから、どちらかの手が大事と聞いたので
質問するのだと思いますが、答えはもちろん

両手とも大事です

指導者の中には引き手(右打者なら左手)と答える人もいますが
これは間違いです。

 

バッティングにおいて大事ではない手なんてありません。

 

両手に意識を持って練習し、正しい握り方を覚え
握り方を意識することなく無意識にバットを振れるようになる必要があります。

 

 

元甲子園球児のお勧め プロ野球選手の「バッティング上達教材」

 

私がお勧めするプロ野球選手のバッティング上達教材は
元西武ライオンズの好打者・大塚選手と清原二世・垣内選手が教えてくれる
7日間スラッガー養成プロジェクトです

 

DVD動画でバッティング理論&練習方法を説明しているので
初級〜中級者の人にはかなりわかりやすくお勧めです!

 

一日10分間の練習を1週間続けられる人は必ずバッティングが良くなりますよ!

 

>>7日間スラッガー養成プロジェクト 公式サイト<<

 

⇒「7日間スラッガー養成プロジェクト」を見た私の感想はこちら

 

 

 

バット,握り方,バットの握り方,グリップ

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の元甲子園球児です!

 

当サイト管理人の元甲子園球児は人生の大半を野球と過ごし
多くのアマチュアの指導者やプロ野球選手・コーチ・監督から
野球の話を聞き知識を蓄えてきました。

 

 

野球界の底辺拡大を目指し、私の持っている全てをこのサイトで紹介することで
一人でも多くの人が当サイトを参考にしてバッティングが上達してもらえると嬉しいです!

 

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください